木製ブラインドの魅力

一般的なインテリアではほとんどの場合窓にはカーテンを付けるのが定番だと思いますが、ブラインドにするのもカーテンには無い味わいや雰囲気を演出してくれます。

ブラインドというと真っ白な金属製の無機質なもので、オフィスなど商業施設に取り付けられているイメージがあるかもしれません。でも家庭のインテリアにもぴったりマッチするタイプのブラインドがあります。

それは白ではなくカラーリングされたものや、素材自体が木製のものです。
カーテンは布の素材のためインテリアにおいて柔らかなイメージをもたらしてくれますが、ブラインドは部屋のインテリアの雰囲気を引き締め品や清潔感など独特な雰囲気を楽しむことができます。

そのためブラインドはおしゃれなインテリアには欠かせないアイテムになっていて、カーテンからブラインドにするだけでも部屋の印象を変えてくれます。

また取り扱いの面でもカーテンにはない魅力があります。カーテンの場合採光をするためにはカーテンを開ける必要があり、たくさん光を入れるためには大きく開かなければなりません。

ブラインドであれば採光の量を細かく調整することができます。

ただしブラインドの導入を考えている場合いくつかの点も考慮する必要があります。
まずは寸法です。

カーテンはインテリアに欠かせないアイテムのためあらゆる寸法のものをすぐに手に入れることができます。一方でブラインドの場合はカーテンに比べれば売られている量は少なく、自分の住まいの寸法にあったものを見つけることは難しいかもしれません。

またブラインドは値段も高めです。カーテンと比べると構造上高くなってしまいます。
特に木製のブラインドは高価です。その分空間の演出力も強いです。

木製風のプラスチック製のブラインドであれば比較的安価に手に入れることができますので、予算に合わせて選ぶことができます。

またブラインドの開閉の特徴も抑えて置くべきです。たとえば窓を開けたい場合に、カーテンを開ける作業をしなくても簡単に窓を開けることができますが、ブラインドの場合は一度上まで上げる必要があるかもしれません。

窓から外に出入りする動作の時も同じことが言えます。
またブラインドの場合取り付け方によっては遮光力が弱く光が入ってしまうこともあります。

購入の前に取り付け方法や窓のつくり等を把握しておくことをお勧めします。
木製ブラインドはとても素敵なアイテムです。これらの点を踏まえながら商品選びをすれば良いブラインドを手に入れることができると思います。

No comments yet

leave a comment

*

*

*

*

最近のコメント

    アーカイブ